在宅ワークの魅力と今後の発展について

在宅ワーク、特にパソコンを使ったネットビジネスは今後どんどん成長していく産業であると思います。
家にいることの多い専業主婦の方や、すでに仕事を定年してリタイアして時間のある人はお金がほしい、時間があるという条件とニーズがあります。

 

仕事を発注する 側には記事等を納品してほしいけど、あんまりお金はかけたくない、適材適所の人物を探す手間が省けるというニーズが見事にマッチしており、これは今までな かった仕事の形態であります。

 

インターネットが発達し、一人一人がパソコンを持ち、通信料が使い放題で低価格という時代が到来してできるようになった仕事であ ると思います。

ビシッとしたプロの記事を求めている場合と、素人くさい?記事を求めている場合とで、素人の記事を求めている側にとっては待っていた未来が 到来してくれた、という感じだと思います。

少し昔までお金を稼ぐと言ったら実労働くらいしかなかったのではないかと思いますが、ネットビジネスは自宅に居 ながら、好きな時に仕事をすることができます。これは個人としては相当楽です。

 

なにより会社まで出勤する必要がない、というのはすごいことだと思います。 遠く離れた人と人を結ぶインターネットという便利なツールが、人々の働き方を、そして仕事の形態までも進化させたのだと思います。

 

まだ発展の可能性のある 在宅ワーク、という分野ですが、専業主婦やリタイアしたお年寄り以外にも、移動が困難な障害者などにもチャンスのあるビジネスの形態なのではないでしょう か。

カテゴリー: 未分類. Bookmark the permalink. コメントは受け付けていません。

Comments are closed.