自宅で、気軽に、出社せずにできるというメリット

インターネットや情報端末が誰にでも浸透しているこの時代に、出社することなく自宅で気軽に仕事ができる在宅ワークは大変身近なものだ。費用や資格無しでも始められる、必要家事や育児に専念したい(せざるを得ない)主婦が自分の空き時間に気軽にさっと始められる、という点が最大のメリットといえる。

私の周りではママ友の間でも在宅ワークをして小遣い稼ぎをしている人が数名と、会社でストレスを抱え鬱状態になり現在求職中の知人が、自分のペースでお仕事中。皆、自分の時間、体調、目的などに合わせながらうまく仕事をしているようだ。その人たちの話を聞いているうちに、私自身も在宅ワークというスタイルに興味をもちはじめ、今に至る。

ただ、働く側にとってはメリットが大きいが、必ずデメリットも事前に知った上で始めなければいけない。在宅ワークに限らずすべてのことに当てはまるが、メリットとデメリットの両方を把握し、自分の責任、自分の判断でスタートすることだ。気軽に始められるからこそ、そこを飛ばしてしまい後々大変な苦労をする人(悪徳商法にひっかかるなど)がいるという事実も忘れてはならない。「完全自己責任」であることを頭に入れたうえで、このメリットを活用した働き方をしよう。

No Comments.

Leave a Reply