未来の働き方、在宅ワークに関する私なりの考察

在宅ワークに関して、私の個人的な意見、考察について述べてみたいと思います。

在宅ワークは情報化社会、パソコン、インターネットが発達したことによって 個人の持っているスキルや経験を安易に欲している人に提供して、その対価を頂く、という未来型の仕事であると思います。

それゆえ、今までの仕事のやり方と 異なることから不安や警戒心を抱く人が多いものと思います。

 

しかし、在宅ワークはやや一回当たりの単価が安い、というデメリットがありますが、その分仕事 は豊富でなくなる心配はないどころか、これから増え続けていくジャンルであると考えています。

なぜなら対価が安いという事はクライアント側の依頼料も、格 安で済む、というデメリットと表裏一体のメリットがあるからです。

そこには面倒なアポイントメントや業務の説明、会う時間の確保も必要ありませんし、在宅 ワーク仲介会社を介することによって金銭的な問題もほぼないといっていいと思います。

 

既存の会社に勤めて、時間と行動を拘束されて会社のために働いて、給 料という報酬を得る、という働き方よりも新しい働き方であり、人によっては会社に勤めるよりもメリットが大きくなる可能性もあります。

これからも更なる進 化をしていくであろう分野ですので、はじめてみるのも悪くないと思います、とりあえずどんなものか知るために、在宅ワーク仲介会社に登録だけでもしてみて はいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類. Bookmark the permalink. コメントは受け付けていません。

Comments are closed.