在宅ワークをはじめたきっかけ。9割勢い

私が在宅の仕事しよう(まさにこの文章を書いている時ですが)と思ったのは
「今月車検だな」とぼんやりお金のやりくりを考えていた時でした。

消費税が今月から8%になり、商品1つ買うにも「えっ、こんな高かったっけ」
と値札にたじろぐ事が増えた4月、車検を控え、私は家計の収支を見直すべく
もやもやしていました。

「金は無くても心は錦!!」がモットーの我が家ですが、収入は増えないのに
支出ばかり増えていく・・・と思った時、気づいてしまいました。

「なぁ~んだ。収入増やせばいいんじゃん」

幸い、私は営業職なので、時間も仕事配分もある程度自分で調整できる環境です。なんとかアポが無い時間をうまく使えないかと考えて思いついたのがこの記事を書く事でした。

最初は「在宅ワーク」をとても胡散臭いものだと思っていました。
とにかく怪しい!!仕事なのに顔も合わせる事も、素性も明かさないまま仕事するなんて・・・
しかも、簡単に稼げるとか!!そんな仕事があったらみんなやってるわ!!

猜疑心を抱えながら色んな会社のホームページを見ていく中で新規登録のボタンを押すとこまではいくのです。
そこから先がなかなか進まない。「情報抜き取られたりしたらどうしよ~」などと不安に駆られて中々「登録完了。今すぐお仕事を探す」に辿り着けないのです。

「目の前に仕事があるのに!!ちくしょー!!勇気を出せ自分!!生活が変わるぞ!!」

その瞬間、それまで灰色になっていた「仕事を探す」ボタンがオレンジ色になって
仕事を探せるようになっているではありませんか!!

その後はトントンと仕事を探し、自分に合った仕事を選んでこの記事を書くに至り、自分の中にあった「もっと稼ぎたい」というフラストレーションが勢いづいて、いい結果を引き寄せたと思います。

何事にも「勢い」というものは大切だと思います。動機は何であれ勢いを殺さずに何事にも取り組む。そうする事で生まれるもっと質のいい「勢い」が生まれ猜疑心や不安感と取り除く事も可能になります。

時間の使い方・収入アップ。実際の在宅ワークは家に居ながら日常に小さな変化をもらたす事のできる一つのツールであると思います。

No Comments.

Leave a Reply